高見澤 皆さんこんにちは?こんばんは?おはようございます?(笑)アーデルの高見澤です。今回は私たちアーデルの高見澤と福留が考案した トレーニングバットの紹介をさせていただきたいと思っています。

福留 こんちわっス。福留です。もう以前の軟式用の実打可能なトレーニングバットをお買い上げいただいた方はご存じかもしれませんが、ようやく硬式用の実打可能なトレーニングバットも今回無事に発売することができました。  

高見澤 お客様からの硬式用のトレーニングバットがでないのか?というご要望をたくさん受けていたのですが、素材や製作過程で以前のアルミ合金製のものとは違い、製作に 時間がかかってしまいました。より実践に近い形で実打球が打てるトレーニングバットとしての製品へのこだわりがあったため、素材の選定から、 何度の試作を重ねようやくお客様のもとにお届けできる運びとなりました。

福留 できたら野球を一生懸命練習している小中学生や高校生の野球部員の人たちにはもちろんのこと、いろんな野球愛好者の方に使ってもらいたいなぁ。打撃に強くなれる選手になって試合で活躍して、野球を楽しんでもらいたいです。僕らが学生の頃にこんなバットあったら、まだまだ僕らも現役バリバリの選手だったかもしれんなぁ(笑)  

     
高見澤 まだまだ現役バリバリの選手かぁ(笑)。塾長、第2の野球人生すでにバリバリおくってるじゃないですか(笑)。そんな話しはさておき…、バットの話しですよ。トレーニングバット!野球をやっている醍醐味といえばなんといっても打撃ですよね?打てるととても気持ちがいいですし、野球ももっともっと楽しくなる。 だけども打撃って難しいのも事実で、なかなか練習をしていても打撃がうまくいかなかったり、スイングに悩んでしまったりするときがありますよね? チームのコーチや友達に色々スイングのことを言われてもなかなか自分ではわからなかったり、他人のたくさんの助言に迷ってしまって どういうスイングをしたらいいかわからない。ドアスイングってなに?バットのヘッドが落ちるって何?どうしたらいいの?どうやったら治るの?っていう悩み。 今もそこそこ打てるけど、今よりももっと打撃がうまく打てるようになりたいな。安定して打撃がうまくなるといいな…どうしたらいいんだろう?という悩み。そんなときに是非使ってもらいたい トレーニングバットなんですよ。

福留 僕ら野球塾をやっていて毎日子供たちを教えている中で、どうやったらこの子供うまくバットが振れるようになるだろう…と試行錯誤で考えて作ったバットなんだよね。 野球塾で教えていると色々な特徴をもった子供たちがいる。トップ(バットを振り始める場所)の位置から、バットが外回りする子や、アッパースイング、リストターンのタイミングが遅くて バットのヘッドが返らない子供たちがたくさんいたんです。どうすれば良いのか考えていくうちに、グリップの下に何か 物をつけたらいいのでは?とか考えたんだよね。  

高見澤 なぜグリップの下なのかというと、グリップの下につけることによって、その突起物が当たらないようにスイングをするようになる。これによって いいポイントでリストターンできる。また、バットのヘッドより先にグリップが出てきて、バットが上から、そして外回りしないで出てくるのではないかと。 いろんなものをグリップの下につけて試行錯誤を繰り返してできたんだよね。結果、今のような形に仕上がった訳だけど、このバットを使うことによって、 スイングがスムーズになって、レベルスイング、ヘッドがしっかり前に大きく出るし、いい結果が出るようになった。

福留 最近は野球用品もやれ軽量化だの反発性の高いバットだの、道具自体の質が向上する製品とかたくさん出るけれど、 自分の技術を向上させる製品ってコレ!ってものはなかったでしょ?特にトレーニングバットについては。 シーズンオフに鍛えるための重いバットだけじゃなくて、やっぱり年間通じて日頃の練習に使えて、実打ができるものじゃないと なかなか自分の技術は向上できないんじゃないかなって。そんなわけでこのバットができたんですよ。  

高見澤 そんなこんなでバットを考案したわけです。それで私たちがプロの時からお世話になっているZETTさんに 製品化と販売チャネルを持ってもらおうと、アーデルとゼットのコラボレーションで実現した商品なんです。

福留 野球をする選手の皆さんはもちろんですけど、野球を教えている指導者の方たちにも、子供たちの指導のためにきっと役立つと思います。自信作なんで、中学や高校なんかの監督さんやコーチの方にも積極的に使ってもらいたいなぁ。 使ってもらえば使い勝手の良さはきっとわかってもらえると思う。  




     
かの 僕でももっと打撃うまくなれますかね?バット使うとどうなるの?具体的に教えてくださいよ~。

福留 うっわ。未来のニューヒーローのかのくんじゃないですか(笑)キミもプロを目指せるよ!早くプロにいってたくさん稼いで僕らを養っておくれゞ( ̄∇ ̄;)  

高見澤 僕らが開発したトレーニングバットのグリップエンドの下には、突起物がついていて、それを意識してスイングするだけなんですが、良くないスイングをすると突起部が身体に触れるため「今のスイングは良くない」ということを体感することができてバットを振ってる間に自然と理想のバッティングフォームが身につくというわけなんだよね。詳しくは、下の写真とか動画を見て欲しいな。どんな効果があるか具体的にわかると思いますよ。

かの 塾長、このバットくださいよ~。僕も打撃もっとうまくなりたいですよ~。  

福留 すまん。このバット数量限定生産品なんで買ってちょうだいな。ほんとはたくさん作って野球愛好者のいろんな方に使ってもらいたいんだけど、たくさん作るのが難しい製品なんで、正直なところ数量があんまり出せないんだ。このバット使ってみんながみんなうまくなっちゃっても困るしね(爆)  










 
※再生ボタンを押すと再生します。
※映像のみで音声はでません。
※映像中に使用しているトレーニングバットは、BTT300/700のものです。
 (新登場の硬式用トレーニングバットBTT100も効果は同じです。)


◆ADEL×ZETT トレーニングバット開発秘話(その1)
高見澤×福留のスペシャルトークをご覧ください。



◆ADEL×ZETT トレーニングバット開発秘話(その2)
高見澤×福留のスペシャルトークをご覧ください。



◆アーデル野球塾 塾生 伊藤雅人くんにバットを振っていただきました。
 このように実際に球を打ちながら練習できるのが特徴です。



◆バット考案者の高見澤考史氏(元オリックス)にバットを振ってもらいました。




型番 カラー 長さ 重さ 価格 仕様
BTT100 ナチュラル(1200)×ブラック(1900) 全長100cm
(突起部16cm バット部84cm)
950g平均 \9,975-
(本体\9,500-)
●素材/合竹
●太さ/
  一般:φ65mm
●機能/一般硬式用
●製造/日本製
BTT300 シルバー(1300) 全長100cm
(突起部16cm バット部84cm)
780g \9,975-
(本体\9,500-)
●素材/アルミ合金
●太さ/
  一般:φ68mm
  少年:φ65mm
●機能/軟式用、少年軟式用
●製造/日本製
BTT700 シルバー(1300) 全長92cm
(突起部14cm バット部78cm)
780g \9,975-
(本体\9,500-)

◆開発者
アーデルバッティングドーム 代表取締役
元オリックスブルーウェーブ 高見澤考史

店長兼野球塾塾長
元オリックスバファローズ 福留宏紀


バットはアーデルストアからもお買い求めいただけます
 


Copyright © ADEL Batting Dome Co., Ltd. Since 2009. All Right Reserved.

◆有限会社アーデルバッティングドーム◆
  ~雨天対応型バッティングセンター&元プロ野球選手が教える野球塾(アーデル野球塾)~
   ▽〒339-0042 埼玉県さいたま市岩槻区府内2-1-10 / ▽Telephone&Fax 048-(798)-9988 / ▽Homepage  http://play-ball.jp/ (アーデルバッティングドーム)  http://adel-bbs.jp/ (野球塾)


   ●軟式&硬式対応バッティングセンター(雨天対応ドーム型) ●屋外練習場(雨天対応) ●投球練習場(雨天対応ブルペン完備) ●ストラックアウト ●元プロ野球選手が教える野球塾